組合の概要
外国人技能実習生
受入制度
外国人実習制度とは?
受入の流れ
企業の条件
移行対象職種
独自の受入体制
Q&A
ETC事業
ETCコーポレートカード
ETCカード
大口・多頻度割引制度
その他事業
実習生ひろば
お問合せ
お役立ちサイト
ダウンロードは、こちら


外国人技能実習制度とは?

開発途上国等の青壮年労働者を日本の産業界に「技能実習生」として受け入れ、一定期間在留する間に進んだ技術・技能・知識を習得し、その技術等の母国への移転を図るという人的な国際貢献を目的として、法務省入国管理局が実施している制度です。2010年7月の制度改正により1年間の「技能実習1号」終了後、技能認定試験を受講し合格すると、「技能実習2号」として更に2年間、いずれも技能実習生として企業で技術の習得を行います。

                   <<外国人技能実習生受入れ制度のメリット>>
○国際貢献と共に企業の国際化が図れます
制度の趣旨でもある国際貢献と共に、送出し国、受入れ国双方の認識も深くなることから将来のグローバル化(海外進出など)や外国企業との関係強化にも有効的です。
○企業内の活性化と生産性に貢献
外国人実習生は技術習得による母国の発展と自身のキャリアアップを目的とし来日します。
目的達成に向けた積極的な取り組みの姿勢は従業員への良い刺激となり仕事に対する意識を改革させ、職場環境の活性化と生産性の向上に貢献します。
                   <<組合で受入た場合のポイント>>
当組合の万全のバックアップ体制のもと受入困難な小規模事業所でも受入が可能です。
日本の入国管理局の正規の手続きを行って入国してくるので安心です。
送り出し国政府の認可を受けた現地の信頼できる送り出し機関と契約し、筆記試験・面接を経て優秀で確かな人材を受け入れる事が出来ます。実習生の面接は、インターネット面接・現地での面接どちらも可能です。
外国人実習生の入国申請から在留中の煩雑な書類手続きは、すべて当組合で支援、指導いたします。
実習がスムーズに運ぶよう、中国人職員は定期的に企業を訪問します。また、ご要望があれば、随時訪問し受入企業をバックアップさせて頂きます。
中国において入国前3ヶ月〜5ヶ月、入国後経友会研修センターにおいて1ヶ月間の日本語及び風俗習慣、そして 「法的保護に関する講習」を実施いたします。

             経友会独自の受入体制でサポートいたします